製品安全データシート(MSDS

会  社: インターテック株式会社

               住  所: 〒123-0873 東京都足立区扇2-23-1

電話番号: 03-5837-5550

FAX番号: 03-5837-5551

緊急連絡先: 同上

整理番号020513             4                                                   改訂 200351

 

製品名                                    エコアミド  

グレード名         630 全着色品

物質の特定        単一製品・混合物の区別            :混合物

化学名                              : ポリアミド6

                            化学式又は構造式          : 1. (NH(CH2)5CO)

                                                                         2. アルミナほう珪酸無アルカリガラス

 

 

1

2

化 学 名

ポリεカプラミド  

ガラス繊維

  

70±2

30±2

官報公示 化審法   

整理番号 安衛法

7-357

7-357

該当しない

該当しない

CAS

25038-54-4

65997-17-3

 

危険有害性の分類

              分類の名称   : 分類基準に該当しない。

 

応急措置

              目に入った場合:

溶融物の場合は、直ちに清浄な水で15分間以上冷やすと同時に洗浄し、コンタクトレンズをしていれば外し、医師の診断を受けてください。

通常の場合は、直ちに清浄な水で洗浄し、異常があれば医師の手当てを受ける。

              皮膚に付着した場合:

溶融物の場合は、直ちに清浄な水で15分以上冷やす。皮膚上の固まった樹脂を無理に剥がさない。火傷があれば医師の診断を受けて下さい。

 

              吸入した場合:

溶融物から発生するガスを吸って気分が悪くなった場合には、直ちに新鮮な空気の場所に移し、回復をしない時は医師の診断を受けて下さい。

              飲み込んだ場合:

                            危険な物質ではないが、出来るだけ吐き出し、異常を感じるのであれば医

師の診断を受けて下さい。

 

火災時の措置

              消化方法: 水をかけて消化するのが有効である。

尚、火災時には、有害ガス(一酸化炭素及び微量なHCNNH3等)を発生する恐れがあるので、屋上から、又は、空気呼吸器を付けて消火作業をする。

              消化剤: 水、泡沫消化剤(エアフォーム)、粉末消化剤

 

漏出時の措置

              掃き取り、回収又は廃棄する。

              ペレット、粉末は床上、地面に残ると滑る危険性が高いので、こまめに処理する。

              排水系などに漏出した場合は、鳥類、魚類等への悪影響があるので全量回収する。

 

取り扱い及び保管上の注意

              取り扱い

(1)    ペレット状の樹脂は、常温で引火、爆発の恐れはないが、作業場では、火気をみだりに使用しない。

(2)    加工時は、有害なガス(一酸化炭素及び微量なHCNNH3等)を発生する恐れがあるので、ガスを吸収しない様にする。

(3)    又、火傷の恐れがあるので、高温の樹脂には直接触れないようにする。

(4)    樹脂が熱分解を起こすので、長時間高温状態で滞留させない。

保  管 :

熱、発火源から離れた場所で保管する。

 

暴露防止及び保護措置

              管理濃度 :    設定されていない

              許容濃度 :    日本産業衛生学会、ACGIH共に、設定されていない。しかし、ポ

εカブラミドの粉塵に対しては、次の値を採用するのが妥当と考

える。

日本産業衛生学会勧告値(1998年版)第3種粉塵

       時間荷重平均値

              吸入性粉塵    2r/

              総粉塵        8

ACGIH勧告値(1998年版)一般粉塵

                            総粉塵                10r/

設備対策 : 粉塵を発生する場合や、高温で加工を行う時、樹脂の分解により有

害なガスが発生する場合には、適切な局所廃棄設備の設置が必要であ

る。

保護具  : 呼吸用保護具    : 防塵マスクを着用して下さい。

                 保護眼鏡                            : 適切な局所排気が実施されている場合、通常

の作業では、眼鏡型保護眼鏡を着用する。

成形機の清掃、ダクトの清掃等、蒸気・ガスを吸引する恐れの有る作業時には、適切な局所排気を実施するとともに防毒マスク(有機ガス用)産業用ゴーグル型保護眼鏡を着用する。

保護手袋               : 溶融樹脂を取り扱う際は、革手袋を着用する。 

保護衣                   : 溶融した樹脂を取り扱う際には、火傷防止の

ため、長袖の衣服を着用して下さい。

 

物理/化学的性質

              外観等   : ペレット状

              沸点   : 225℃(DSC

比重   : 1.36

溶解度  : 水に不溶

 

危険性情報(安定性・反応性)

              発火点 :   400℃以上

              可燃性 :   あり 但し、酸素指数26以上、難燃性である。2

              発火性 :   なし (自然発火性、水との反応性): なし

              酸化性 :   なし

              水との反応性: なし

              自己反応性:  なし

              粉塵爆発性:  なし

              安定性・反応性:常温・常圧で安定

 

 

 

有害性情報(人についての症例、疫学的情報を含む)

コメント:エコアミド6G30としてのデータはないが、構成成分のデータを参考までに示す。

              皮膚腐食性  : ナイロン樹脂には、皮膚腐食性・刺激性はない

              刺激性    : ガラス繊維:繊維の粉末が眼、皮膚を刺激することがある。

亜急性毒性  : ナイロン樹脂に関して、3040匹の成長期の雌雄のラットに、

10%の微粉末状のポリεカブロラクタムアミドを含ませた粥

状飼料を8週間自由摂取させたが、中毒症状を示さなかった。

3

生殖毒性   :  ナイロン樹脂に関して、3040匹の成長期の雌雄のラットに、

10%の微粉末状のポリεカブロラクタムアミドを含ませた粥

状飼料を8週間自由摂取させたが、繁殖機能は正常で対照動物

との間に差はみとめられなかった。3) 

その他    : 「ガラス繊維、ロックウール及びそれらを含有する製品の取り

扱い」については、労働省より指針が出されている。

しかし、ガラス繊維強化ナイロンの取り扱いについては、指

針の対象となる作業に含まれていない。4

 

環境影響情報

              既知見なし。

              その他             : 海洋生物や鳥類が摂取することを防止するため、いかなる海洋

や水域でも投棄、放出してはならない。

 

廃棄上の注意

              埋め立てるときは、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」に従い公認の産業廃棄物

処理業者若しくは、地方公共団体がその処理を行っている場合には、その団体に委

託して処理をする。

焼却する時は、焼却設備を用いて、大気汚染防止法等の諸法令に適合した処理を施

して焼却する。5

 

輸送上の注意

コメント: 梱包袋がやぶれないように、水漏れや乱暴な取り扱いを避ける。もし破袋して

ペレットが飛散したときは、滑って転倒しない様に注意する。

              国連分類            :国連の定義上危険物に該当しない。

              国連番号            :国連の定義上危険物に該当しない。 

 

 

適用法令

              適用法令なし。

その他の情報

              記載内容の取り扱い:

記載内容は、現時点で入手し得る資料、情報、データに基づいて作成しています。含有量、物理化学的性質、危険、有害性等に関しては、いかなる保証をなすものではありません。また、注意事項は通常の取り扱いを対象としたものなので、特殊な取り扱いの場合には、用法、用途に適した十分な安全・環境対策を講じた上でご使用下さい。

 

記載内容の問い合わせ先:

インターテック株式会社

123-0873 東京都足立区扇2-23-1

電話番号: 03-5837-5550

FAX番号: 03-5837-5551

 

引用文献等:

1)「樹脂ペレット樹脂流出防止マニュアル」プラスチック工業連盟

2)「プラ工連ニュース 48」プラ工連 S54.11.1

3G.Bornmann et.al.,Arzneim,Forshu.,9,9(1959)

4)「ガラス繊維の労働衛生に関する指針マニュアル」ガラス繊維協会(1995.5

5)「廃プラQA 」工業用熱可塑性樹脂技術連絡会