Company Profile 会社案内IR IRRecruit 求人情報Positive List 着色剤情報Application ApplicationFAQ FAQMail Form メールフォーム Home ホーム
ECOPLASTIC エコプラスチックECOAMIDE エコアミドECOPBT エコPBTECOTAL エコタールECOPC エコPCECOTPU エコTPUECOPRENE エコプレン
QC/QA MSDS

エコPBT(PBT樹脂)

ECOPBT(PBT Compounds)

Solution, Value & Environment

  1. エコPBTとは
  2. エコPBT成形の手引き

  1. エコPBTとは

    • エコPBTは主に電気・電子分野で使われているPBT製コネクターを射出成形する際に発生する、 スプルー・ランナーをISO14000取得の製造工場等より回収し、 100%再生PBT樹脂原料を使用して、独自のコンパウンデイング技術によって、 ガラス繊維やその他の配合剤を組み合わせたポリブチレンテレフタレート樹脂コンパウンド製品です。

  2. エコPBT成形の手引き

    • エコPBTはPBT樹脂の射出成形グレード(非強化グレード)100%を原料として、 そこにガラス繊維等をコンパウンドして着色した製品です。 従って、成形条件は通常のPBT樹脂と全く同じで成形できます。

    • 成形前材料乾燥

      • 成形中の加水分解を防ぐには水分率はPET同様0.02%以下に乾燥する必要が有り、 基本的には除湿乾燥機の使用を推奨致します。 但し、PET程水分に敏感でない為、 除湿乾燥機をお持ちで無い場合は、熱風乾燥機で130℃〜150℃設定で約3〜5時間事前乾燥を行って下さい。

    • シリンダー設定温度

      • ヒーターの設定温度は250℃を基準に上げ下げして、 最適な成形温度を見出して下さい。  但し、240℃以下の温度や280℃以上の温度は成形機に問題を発生させる危険が有る為、 適用しない様にご注意下さい。

    • 金型設定温度

      • 金型温度設定は60℃から100℃の範囲で設定して下さい。  外観表面のガラスの浮きを防ぐには高めに、ヒケやソリを押さえるには低めに設定して下さい。  基本的には80℃設定からスタートして見て下さい。

    • 成形圧力設定と射出速度設定

      • 圧力は50Mpa~150Mpaとして比較的高速で充填して下さい。  ガス焼けがひどい時は、射出速度を押さえて、ガスベントを金型に追加する事を推奨致します。 又、結晶性樹脂な為、十分な保圧とゲート寸法が必要です。
    • その他
      • 何か疑問点や問題が発生した場合には、ご遠慮無くご一報下さい。 当社の技術スタッフが対応させて頂きます。